2016年〜2017年、秋冬のレディースファッションのトレンドは?

まだ、暑い日が続く頃から、秋ファッションや冬ファッションのトレンドをおさえておくのは、おしゃれ人にとっては当たり前!

 

秋冬トレンドをいち早くマスターしておくことで、秋物の新作の予約や、先行セールの時も迷いがなくなって、旬のアイテムをお得に買い物できます。

 

そこで、ここでは、予習がてら、海外のブランドの秋冬コレクションで、特に目立ったものをまとめてみました。

 

ルール無視の高級コラージュ

コーチ COACH テキスタイルミックスワンピース

コラージュは、さまざまな年代や色柄、素材をミックスする装飾的なスタイルです。ミリタリーやマリンにコルセットを重ねるコーディネートや、マスキュリンとフェミニンテイストをミックスするのが代表的です。

 

今年のコレクションでは、ノースリーブミリタリージャケットと、マキシニットのドレスの組み合わせが目をひきました。ドレス自身がパッチワークされているので、よりコラージュ感が増しています。複雑にレイヤードしたシンプルなニットを中心に、いかに凝った柄やアイテムのコラージュを作るかが、コーデのポイントです。

 

花柄ワンピースのコラージュでは、フローラル柄を大胆にパッチワークして、バイアスのたっぷりしたドレープドレスが新鮮です。キャンディストライプのタイツや、ブーツを合わせて、より装飾的にコーディネートします。既成概念にとらわれずルールを無視したような組み合わせが、高級感のあるコラージュスタイルになります。

 

機能的なユニフォームに豪華さをプラス

キャミワンピース

ユニフォームのような機能性のあるウエアが、どんどん進化してラグジュアリーな素材感やリュクス感のあるアイテムになっています。洗練を極めたミリタリーやワークウェアが、今季の主流です。

 

ミュウミュウ(MiuMiu)からは、ミリタリージャケットにボリューミーなファーをあしらったブルゾンがでています。バレンシアガやルイ・ヴィトンも機能美にこだわったコレクションを発表しています。ストライプやカラーブロックなどを、デザイン的にアイテムに落としこんでいます。フロントジップやフュゾーも増えてます。機能的な素材に代わって。ベルベットなどのゴージャス感のある素材を使って、豪華さをプラスするのが特徴です。

 

デカダンスには、甘さをプラス

ヴィクトリアンな飾り付きシャツ

退廃的で毒っ気のある、ミステリアスでデカタンス薫るムードが今季のトレンドです。あでやかなベルべットやゴブラン織り、レオパード柄を大人可愛く着こなせるのが、秋冬のレディースファッションスタイルです。
ドリスヴァンノッテンやエンポリオアルマーニは、コートやブルゾンを中心に、ベルベットを使ったコレクションを多数発表しています。オーセンティックなダークトーンと、ビビットカラーが多かったのも今年の特徴です。
ファーやスエードなど、暖かみを感じさせる素材のレオパードも多く登場しました。リアリティのあるヒョウ柄をきれいめなフレアアイテムと合わせる、テイストミックスでデカタンスに甘さをプラスします。